若きクムフラ ナオホ・カナヘレの新ハラウ『Halau Kaleo A Keahilapalapa』
オンライン説明会・無料体験会

ケクヒ・ケアリイカナカオレ&タウポウリ・タンガローの愛娘
ナオホ・カナヘレの新ハラウが日本初上陸!

ナオホ・カナヘレ(Naoho Kanahele)は彼女の両親であるケクヒ・ケアリイカナカオレとタウポウリ・タンガローにより、2023年4月にクムフラの称号を得ました。2023年5月、彼女が23歳の時、ハワイ島ヒロにて、自身のハラウを設立し、生徒の指導に当たり始めました。彼女のカヒコはカナカオレファミリーと彼らが引き継いできたものが基礎となっています。ですが、彼女のアウアナはウヌクプクプ所属のクムフラたちと何年も共に踊ってきたことが基礎となっています。彼女のハラウの中で、アウアナとカヒコの両方のスタイルを指導し、バランスを整え、完成させることは指導者としての彼女のパッション(情熱)となっています。

彼女は3歳の時にハラウ・オ・ケクヒとウヌクプクプで正式にフラをはじめました。20年後、彼女はハラウを離れ、自らクムフラになる事を決意しました。彼女の夢は、彼女自身のハラウを持ち、異なったフラスタイルの経験を生み出す事でした。両方のハラウが提供する異なったスタイルのフラは、彼女のカヒコとアウアナの多様性にインスピレーションを与えました。何年にもわたるパフォーマンスと世界中への旅は、踊りを通して異なる文化への感謝と愛をもつ彼女のフラ人生の形作りをしました。


[オンライン説明会・無料体験会]
●2024年3月17日(日) 10:00~

 説明会、無料体験会のご参加お申込みは下記よりお願いいたします。
 お申込み後、ご参加当日に必要となるオンラインの情報をお送りいたします。

https://studiosaki.com/shop/workshop/19962/

お問い合わせ
株式会社スタジオサキ 電話:03-3455-7422 event@studiosaki.com